「東西 SHOW合戦」で SixTONESが Tシャツを踏むコントに「いじめ」「不愉快」と非難続々


 
新橋演舞場にて上演中の「東 SixTONES×西 関西ジャニーズJr. SHOW 合戦」、2月22日の公演中のコントで、SixTONES(ストーンズ)のメンバーが、関西ジャニーズJr.室龍太くんのTシャツを踏む場面がありました。Tシャツは室くんの私物だったとのことです。

「Tシャツを絨毯にすることも出来る」などというセリフの後、ジェシーくん、京本大我くん、森本慎太郎くん、田中樹くん、髙地優吾くん(松村北斗くんについては言及なし)が 室くんのTシャツを踏んだことに対して、「これはいじめ」「不愉快」と問題視する意見が多数上がっています。

 

スポンサーリンク

 

「東西 SHOW合戦」で SixTONESが Tシャツを踏むコントに「いじめ」「不愉快」と非難続々

 
2月22日公演の「東 SixTONES×西 関西ジャニーズJr. SHOW 合戦」で、SixTONES(ストーンズ)のメンバーが、関西ジャニーズJr.室龍太くんのTシャツを踏む という行為があり、大きな波紋を呼んでいます。

本公演はたくさんのファンの期待を受け、初日から大きな盛り上がりをみせていただけに、本当に残念です。
↓↓
「東 SixTONES×西 関西ジャニーズJr. SHOW合戦」初日公演 2/18 1部 & 2部 セトリ、レポまとめ

【画像付】「東 SixTONES×西 関西ジャニーズJr. SHOW合戦」グッズまとめ

 
笑いを取るためとはいえ、誰かの気持ちを傷つけたり、物を粗末に扱うことは、あるべきことではないと思います。今後はこういった言動は控え、気持ちのいい舞台を見せてくれることを期待しています。

 

【出典:Twitter】引用させていただきました投稿者様、どうもありがとうございます。

 

スポンサーリンク

 

フォロー&いいね!で更新情報をお届けします♪

 
「ジャニーズぷらす」のツイッターに「フォロー」、フェイスブックに「いいね!」で更新情報チェック!どうぞよろしくお願いします。°+(*´∀`)b°+°


 

 
ランキングに参加しています♪ヽ(*´∀`)ノ゚

ジャニーズブログランキング

 

こちらの記事もどうぞ!

 
関西ジャニーズJr. 草間リチャード敬太 & 今江大地「京都マラソン2017」完走!

BSプレミアム「ザ少年倶楽部」4月から放送時間変更

「東 SixTONES×西 関西ジャニーズJr. SHOW合戦」初日公演 2/18 1部 & 2部 セトリ、レポまとめ

【画像付】「東 SixTONES×西 関西ジャニーズJr. SHOW合戦」グッズまとめ

「ジャニーズJr. 祭り」チケット一般販売発表!

 

 
   
 
ランキングに参加しています♪
 
 

「ジャニーズぷらす」のツイッターに「フォロー」、フェイスブックに「いいね!」で最新情報チェック!

 
 
 

 

「東西 SHOW合戦」で SixTONESが Tシャツを踏むコントに「いじめ」「不愉快」と非難続々” への4件のコメント

  1. 2/22昼公演を観ましたが、ここで言われているほどひどい状況ではありませんでしたよ。
    お互いの信頼の上に成り立っていたと思います。
    同じような感想を持った人たちのツイートも少なからずあります。
    もちろん、人の感じ方には違いがあるので、傷つかれた人のことは慮らなければならないと思いますが、このように影響力のあるまとめサイトで、一方的な意見だけが述べられているのには違和感を覚えます。

    • アディンさん、

      こんにちは。
      貴重なご意見をいただき、どうもありがとうございました。大変参考になりました。

      今後は、さらに深く掘り下げて広く意見を調べ、より公正な記事を心がけていきたいと思います。偏った表現にならないよう注意させていただきます。

      またお気づきの点がございましたら、コメントをいただければ幸いです。これからもどうぞよろしくお願いいたします。

      「ジャニーズぷらす」管理人 かんな

  2. 初めまして。
    私はこの公演に入らせていただきました。
    彼らは仕事だから笑顔でいたんだろうけど、ファンの中には過去にイジメを受けていた人も少なからずいるのでコントとはいえこのような行動は控えてほしかったですね。
    この記事は事実がきちんと書かれていてとても信頼が出来ます。

    • 匿名さん、

      こんにちは。
      メッセージどうもありがとうございました。

      私の憶測ですが、今回のことはジャニーズ側でもネットなどでの意見を把握していると考えられます。
      今後の演出などには、より配慮していくのではないかと思われ、そういう意味では、多くの観覧者の方の意見に耳を傾けるのは プロの流儀だと、私は思います。

      この記事は、決して SixTONESを責める意味ではなく、こういったことを通してジャニーズのステージがよりよく成長していってほしいと思いご紹介しました。

      温かいお言葉をいただき、どうもありがとうございました。
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

      「ジャニーズぷらす」管理人 かんな

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です