【 JUMPing CARnival 】横浜アリーナの座席表、センター構成予想


compressed_hey! say!jump

【7/31 追記】宮城と大阪公演のアリーナ構成は、同じだったそうです。2ページ目にご紹介してあります。

【8/5 追記】マリンメッセ福岡のアリーナ構成を追加しました。>2ページ目にご紹介してあります。

【8/12 追記】広島グリーンアリーナのアリーナ構成を追加しました。2ページ目にご紹介してあります。

【8/18 追記】名古屋ガイシホールのアリーナ構成を追加しました。2ページ目にご紹介してあります。

【10/9 追記】横浜アリーナのセンター構成を追加しました。2ページ目にご紹介してあります。


今年のHey! Say! JUMPのコンサートツアー「Hey! Say! JUMP LIVE TOUR 2015 JUMPing CARnival」、ツアーオーラス公演は、10月9日(土)~12日(土)、横浜アリーナです。

この記事では、横浜アリーナの座席表、センター構成予想などをご紹介します。コンサート前にチェックしてみてくださいね!

 
【この記事の内容】
■ 1ページ目→ JUMPing CARnival ・横浜アリーナの座席表 スタンド席・アリーナ席・立見席
■ 2ページ目→ JUMPing CARnival ・横浜アリーナのセンター構成予想

「Hey! Say! JUMP LIVE TOUR 2015 JUMPing CARnival」その他の会場の座席などについてはこちら!
↓↓
宮城・セキスイハイムスーパーアリーナ(7月25日・26日)
大阪・大阪城ホール(7月31日~8月2日)
福岡・マリンメッセ福岡(8月5日・6日)
広島・広島グリーンアリーナ(8月12日・13日)
愛知・日本ガイシスポーツプラザ ガイシホール(8月18日・19日)
北海道・北海道立総合体育センター(北海きたえーる)(9月12日)

スポンサーリンク

 

JUMPing CARnival ・横浜アリーナの座席表 スタンド席・アリーナ席・立見席

 

【 横浜アリーナ 】
★住所:〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-10
★公式サイト:横浜アリーナ

横浜アリーナは、収容人数約17,000人の会場です。これは、東京ドームに比べると、約3分の1の大きさになります。スタンド席とアリーナ席には適度な段差もあり、とても見やすい会場です。

横浜アリーナのアクセス、施設案内などは、こちらの公式ページをご覧ください。
↓↓
横浜アリーナ 公式ページ

 

 
横浜アリーナの座席は、センター席、アリーナ席、スタンド席、立見席の4つに分けられます。


【出典:Twitter】引用させていただきました投稿者様、どうもありがとうございます。

 
センター席というのは、ステージと同じレベルの平面にイスを並べた席で、ドームでいう「アリーナ席」にあたる部分です。コンサートやイベントの度に構成は変わります。

 
アリーナ席は、ステージとセンター席をぐるりと取り囲む階段状になった座席です。ドームに例えると「スタンド席・1階部分」のような席です(規模は小さいですが)。段差があるため見やすく、前方ですとかなり臨場感があります。

 
スタンド席は2階席となり、全体をキレイに見渡せますが、距離感はあります。ただし、横浜アリーナのジャニーズコンサートでは、スタンド席の5列目と6列目の間にトロッコが来る場合が多いので、その時には「神的に近く」担当様を拝める席でもあります。

 
立ち見席はアリーナ席の後方スペースとなります。立見席については、こちらをご参考にどうぞ。
↓↓
■ 横浜アリーナ 立ち見席について(Yahoo! 知恵袋)
■ 横浜アリーナの立ち見席について 今度キスマイ…(Yahoo! 知恵袋)


【出典:Twitter】引用させていただきました投稿者様、どうもありがとうございます。

 
横浜アリーナの詳しい座席表は、こちらの公式サイトでご確認ください。ジャニーズのコンサートはほとんど、この「Aパターン」になります。座席表をクリックすると拡大して席番号まで見ることができます。
↓↓
横浜アリーナ座席案内 Aパターン

このパターンの場合、アリーナ席では、E・Fブロックや、A・Dブロックのメインステージよりの方だと、いわゆる「見切り席」感がある時があります。例えば、Aブロックのステージよりの席から観た場合、メンバーがメインステージに横一列になって歌うと、向かって左側のコしか見えない、という場合もあります。

B・Cブロックだと、ステージが正面から見れます。ただし、ジャニーズコンサートの場合、メインステージに留まっているばかりではないので、どのブロックでもさほど気になることなく観れると思います。

 
また、センターステージが中心に据えられる場合もあります。その場合の座席表はこちらになります。
↓↓
横浜アリーナ座席案内 中央パターン

このパターンも珍しいわけではありません。セクゾの2014年の夏魂(さいたまスーパーアリーナ、神戸ワールド記念ホール)では、メインがセンターステージとなる360℃の座席配置でした。

今回、チケットが皆さんのお手元に届いて、「Aパターン」でメインステージ設営のためにつぶされる席を受け取った方がいなければ「Aパターン」、その部分のチケットが発行されているなら「中央パターン」ということになると思われます。

 
アリーナ席とスタンド席の方は、この座席表で、ご自分の席の部分をクリックしますと拡大図が出てきますので、きちんと席の位置がわかりますよ。
↓↓
横浜アリーナ座席案内 Aパターン

また、この「横浜アリーナ座席案内Aパターン」ページの下の方の「360° PANORAMA GALLERY」をクリックしてみてくださいね。まるで会場にいるようにチェックできます。

個人差があると思いますが、アリーナ席後方や スタンド席だと やはり少し遠く感じるかもしれません。双眼鏡を持っていかれるのをおすすめします。双眼鏡のおすすめ、よろしければご覧ください。
↓↓
コンサートにおすすめの双眼鏡はこれ!ドーム、アリーナ、野外スタジアム魂参戦に!

新しい情報入りましたら、またこちらにUPしていきますね。

JUMPing CARnival・横浜アリーナのセンター構成予想は、次のページ→

 

スポンサーリンク

 
■ 1ページ目→ JUMPing CARnival ・横浜アリーナの座席表 スタンド席・アリーナ席・立見席
■ 2ページ目→ JUMPing CARnival ・横浜アリーナのセンター構成予想

 
   
 
ランキングに参加しています♪
 
 

「ジャニーズぷらす」のツイッターに「フォロー」、フェイスブックに「いいね!」で最新情報チェック!

 
 
 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です